「茶話会」にいらっしゃいませんか?

 

お子様のことでお悩みを抱えていらっしゃる方、ご自分のこと、ご家族のことでもなんでもまずは話してみませんか?同じ悩みを持つ方々の交流の場として、みな様のご都合に合わせて茶話会を開催しています。皆様のお悩みに添ったセラピストやカウンセラーのご紹介などもしています。

 

保護者の方々や、支援者、サポーターなど様々は分野で活動されている方にとって、情報交換の場になることを願っております。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

☎092-558-8858 (岩坪裕子)
 

 info@eyevisioncare.jp

場所:アイビジョンケア(視力屋「めがね物語」別館2階)

   福岡県春日市紅葉ヶ丘東3丁目93

4/20 体験講座『子どもの眼と脳を整える』④

『アイビジョンケア・体験講座』

 

《視力と脳内視力は視力は違います》

視力が良くても、黒板の文字が書けない。本が読めないということがあります。
眼と脳のバランスを調整するビジョントレーニングで、脳内視力を鍛えることによって脳は成長します。
検眼士・梅崎久子の経験から生まれた“眼からウロコのお話と体験講座”で、
お子様の「眼」と「脳」の調整について学んでみませんか?

 
《子どもの眼と脳を調整する》(月1回/4回コース)


講座はブレインジム「フォーカス・空間認識」のエクササイズと、
ビジョントレーニングを組み合わせたものです。

①〜④を受けていただくことで、より理解を深めていただくことができますが、
コースでなくても受講していただけます。
 

日時:10:00~12:00
①1月26日(土) ②2月16日(土) ③3月31日(日) ④4月20日(土)

場所:アイビジョンケア・トレーニングルーム
福岡県春日市紅葉ヶ丘東3丁目93(月曜日・定休)

参加費:¥2,500(1講座)

(小さなお子様には託児スペースを用意しております)

 

お申し込み・お問い合わせ
☎092-558-8858 (梅嵜久子)
 / info@eyevisioncare.jp

 

 

 

講師:
梅嵜久子(うめざき ひさこ)
アイビジョンケア代表/看護士・眼鏡士
『眼と脳は一体です』眼から取り込んだ情報を脳が理解して認知するからです。
ディスレクシアの疑いを感じたお子さんに根気よくビジョントレーニングをし、
脳の働きを活性化する試みにより、状況が好転することを実感しています。
発達障がいのグレーゾーンにいる幼いお子さんや、
学習に遅れを感じているお子さんのことでご心配な方はどうぞご相談ください。

講師:安部知世(あべ さとよ)
発達支援ほほえみ代表
医療保育専門士/ブレインジム・BBAインストラクター
これまでに発達障がい(ADHD、自閉症、アスペルガー症候群など)や、
学習障がい、不登校、不安症など約3,000人を超える子どもと発達支援に関わる。
児童養護施設、九州大学病院小児病棟にてバルーンアートのボランティア活動をしている。

2/16 体験講座『子どもの眼と脳を整える』②

脳内視力を鍛える「ビジョントレーニング」には、本や黒板の文字を読めて書けるようにするための訓練があります。脳のバランスを調整するブレインジムには、「フォーカス・空間認識」を育てるエクササイズがあります。

どちらも願うことは、脳の発達の凹凸を整えて成長させるということ。「眼と脳は一体である」ということを、検眼士・梅崎久子とブレインジム・インストラクターの安部知世のふたりが、その意味と効果をお話します。そして皆様にエクササイズとビジョントレーニングの一部を体験していただきます。

 

 

日時:216日(土)

場所:アイビジョンケア(視力屋「めがね物語」別館2階)

   福岡県春日市紅葉ヶ丘東3丁目93

参加費:¥2,500

   (小さなお子様には託児スペースを用意しております)

お申し込み・お問い合わせ

 092-558-8858  info@eyevisioncare.jp

 

 

講師:安部知世(あべ さとよ)/発達支援ほほえみ代表

医療保育専門士/ブレインジム・BBAインストラクター

これまでに発達障がい(ADHD、自閉症、アスペルガー症候群など)や、学習障がい、不登校、不安症など約3,000人を超える子どもと発達支援に関わる。児童養護施設、九州大学病院小児病棟にてバルーンアートのボランティア活動をしている。

 

梅嵜久子(うめざき ひさこ)/アイビジョンケア代表

看護士・眼鏡士/ 眼と脳は一体の関係にあります。眼から取り込んだ情報を脳が理解して認知するからです。文字が書けない,読めないというディスレクシアの疑いを感じたお子さんに、根気よくビジョントレーニングをし、脳の働きを活性化する試みにより、状況が好転することを実際に経験してきました。発達障がいのグレーゾーンにいる幼いお子さんや、すでに就学してしまって、学習に遅れを感じているお子さんがいらしたらどうぞ一度、検眼とビジョントレーニングのチェックテストを受けてみてください。結果を見据えて、ひとりひとりのお子さんに合ったトレーニング方法を探ります。

 

 

『子どもの眼と脳を整える』①〜④

この講座①〜④は、眼と脳についてお話しながらトレーニングの一部を体験していただくものです。

順番受けていただくことでより理解を深めていただくことができます。

③  3月31日(日)10:00~11:30

④ 4月20日(土)10:00~11:30

 

1/26 体験講座『子どもの眼と脳を整える』① 

脳内視力を鍛える「ビジョントレーニング」には、本や黒板の文字を読めて書けるようにするための訓練があります。脳のバランスを調整するブレインジムには、「フォーカス・空間認識」を育てるエクササイズがあります。

どちらも願うことは、脳の発達の凹凸を整えて成長させるということ。「眼と脳は一体である」ということを、検眼士・梅崎久子とブレインジム・インストラクターの安部知世のふたりが、その意味と効果をお話します。そして皆様にエクササイズとビジョントレーニングの一部を体験していただきます。

 

 

日時:1月26日(土) 10:00~11:30

場所:アイビジョンケア(視力屋「めがね物語」別館2階)

   福岡県春日市紅葉ヶ丘東3丁目93

参加費:¥2,500

   (小さなお子様には託児スペースを用意しております)

お申し込み・お問い合わせ

 092-558-8858  info@eyevisioncare.jp

 

 

 

講師:安部知世(あべ さとよ)/発達支援ほほえみ代表

医療保育専門士/ブレインジム・BBAインストラクター

これまでに発達障がい(ADHD、自閉症、アスペルガー症候群など)や、学習障がい、不登校、不安症など約3,000人を超える子どもと発達支援に関わる。児童養護施設、九州大学病院小児病棟にてバルーンアートのボランティア活動をしている。

 

梅嵜久子(うめざき ひさこ)/アイビジョンケア代表

看護士・眼鏡士/ 眼と脳は一体の関係にあります。眼から取り込んだ情報を脳が理解して認知するからです。文字が書けない,読めないというディスレクシアの疑いを感じたお子さんに、根気よくビジョントレーニングをし、脳の働きを活性化する試みにより、状況が好転することを実際に経験してきました。発達障がいのグレーゾーンにいる幼いお子さんや、すでに就学してしまって、学習に遅れを感じているお子さんがいらしたらどうぞ一度、検眼とビジョントレーニングのチェックテストを受けてみてください。結果を見据えて、ひとりひとりのお子さんに合ったトレーニング方法を探ります。

 

『子どもの眼と脳を整える』①〜④

この講座①〜④は、眼と脳についてお話しながらトレーニングの一部を体験していただくものです。

順番受けていただくことでより理解を深めていただくことができます。

③  3月31日(日)10:00~11:30

④ 4月20日(土)10:00~11:30